TOP > キッズ防災検定

キッズ防災検定

はじめに

平成7年1月17日に発生した、阪神・淡路大震災。

死者6464名、負傷者43,792名という甚大な被害をもたらし、今なお復興への取り組みが行われています。しかしながら、小学生の子ども達には、阪神・淡路大震災の記憶がありません。阪神・淡路大震災での、経験と教訓を風化させないためにも、防災教育の取り組みは必要不可欠です。日々の生活の中で防災に関する知識を高め災害時に的確に周囲の状況を判断し、行動できる力を養う事は、災害時の被害軽減にもつながります。平成23年に発生した東日本大震災では、東北、関東に甚大な被害をもたらしました。近年、発生の切迫性が指摘されている東海地震や南海地震、南関東地域地震では、予知に成功しても大きな被害が出る事が予想されています。さらに、台風や大雨などの災害が毎年のように各地で発生し、多くの被害が報告されている今、防災教育の価値・必要性は益々高まっていくと考えられます。キッズ防災検定を通じて、防災の知識・意欲の向上、そして災害時の被害軽減へとつなげていきます。

キッズ防災検定とは

兵庫県下の小学生を対象とした検定です。

阪神・淡路大震災で得た知識、経験を色あせないものとし、後世に伝えていくために、「キッズ防災検定」は平成21年度より開始致しました。キッズ防災検定を受検する事で、防災に関する知識を身に付け、災害時には、自助、共助、公助が連携し、被害軽減に繋がる事を目的にキッズ防災検定を実施しています。

実施概要

実施期間 12月~2月
平成24年度の実施期間:12月1日~平成25年2月28日
対象 兵庫県下の小学校
料金 無料
出題形式 択一式
問題数 低学年→20問・中学年、高学年→25問
難易度 低学年・中学年・高学年でレベル分け
合格基準 100点満点中60点以上(合格者には認定証を発行)
助成先 ひょうご安全の日推進県民会議・JR西日本あんしん社会財団
後援先 兵庫県教育委員会・神戸市教育委員会・株式会社 神戸新聞社・兵庫県神戸県民局
このページのトップへ

兵庫県外での事業

キッズ防災検定は、県内のみならず、年々県外にも広まってきました。

和歌山県【主催:検定協議会、一般社団法人リビングソーシャルプロジェクト】
南海トラフ地震による被害が懸念される和歌山県にて、防災に関する知識や意識の向上をはかるため「親子&キッズ防災検定」イベントを実施しました。イベントでは、防災についてのお話し、防災ノート作りを行った後、復習として検定に挑戦してもらいました。こどもたちはお父さんやお母さん、おともだちと相談しながら、一生懸命問題を解いてくれました。最後には参加者の方から「親子で防災を考える良い機会になりました」というお声をいただきました。

実施風景

和歌山県実施様子写真1 和歌山県実施様子写真2 和歌山県実施様子写真3
石川県【穴水町】
防災に関する知識や意識の向上をはかるため、キッズ防災検定を防災教育の一環として取り入れる事が決まりました。平成24年度は夏休みの宿題としてキッズ防災検定を配布しました。平成25年度より、防災教育の授業として実施する予定です。
石川県穴水町記事
奈良県【桜ヶ丘自治会】
桜ヶ丘自治会では、地域の小中学生を対象に災害時を想定したサバイバルキャンプを年1回実施しています。サバイバルキャンプでは、防災知識を得るだけでなく集団生活の中でお互いの助け合いの大切さに気付くことを目的に、防災に関するゲームや防災資機材を使用しながら訓練を行っています。平成24年度サバイバルキャンプのプログラムの中で、キッズ防災検定を実施しました。

実施風景

奈良県桜ヶ丘自治会実施様子写真1 奈良県桜ヶ丘自治会実施様子写真2 奈良県桜ヶ丘自治会実施様子写真3
このページのトップへ
兵庫県外での事業
キャラクター紹介